HOMEイベント一覧 > 第3回「春の装飾~つるし飾り~」のお知らせ

Special Event
東京ガーデンパレス
第3回「春の装飾~つるし飾り~」のお知らせ
開催期間2月1日(月)~3月21日(日)
会場:東京ガーデンパレス館内1階ロビー
観覧入場無料

「つるし雛」「つるし飾り」はご存知ですか?

「つるし雛」「つるし飾り」は、江戸時代から一部の地域で行った古くからある風習です。高価なひな人形が飾れない代わりに、小さな人形を作り、吊るして娘の成長を祈願したとのことです。

つるし雛の風習は全国でも珍しく、静岡県では「雛のつるし飾り」、福岡県では「さげもん」山形県では「傘福」と呼ばれ親しまれています。この3つの地域が、歴史的な背景や由来・文献等の残るゆかりの地となっており、併せて「全国三大つるし飾り」とも呼ばれています。

この度は、東日本大震災の復興を祈願して新潟の津南町、十日町、湯沢町にそれぞれ1つずつ、3つの大きな「つるし雛」(雪国越後 三大つるし雛)がディスプレイされております。
また、ホテルロビーに華やかに装飾されている「つるし飾り」は、千葉県市原市在住の下記の方々によって1輪1輪すべてが手縫いによる手作りの縁起物作品です。
お二人はご高齢でありますが、日々作品を作り続けこの展示のためにご協力くださいました。
このエリア一面とロビー中央およびロビー奥のエリアに合計約30輪のつるし飾りを展示しております。

今年は、すべての医療従事者の方々のご尽力に心より感謝と、一日も早く終息することを願い開催いたします。

このつるし雛で、一人でも多くの方が癒され、幸せになることを祈っております。どうぞごゆっくりとご鑑賞ください。

また、一部のつるし飾りは東京ガーデンパレスの公式オンラインショップと館内ロビーにて期間限定で販売しておりますのでご興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。


協賛:株式会社 京佑 (一財)十日町地域地場産業振興センター道の駅クロステン 
つるし飾り製作者 安田 一恵 様 (83歳) 鬼澤奈美江 様(88歳)


Facebook
インスタグラム